ダイヤモンドについて


【4C】とはダイヤモンドのグレードを表すもので、選ぶ際の基準になるものです。

この4Cによって価格が変わったり価値が変わったりします。

カラット(Carat)・クラリティ(Clarity)・カラー(Color)・カット(Cut)、Cから始まる4つから【4C】と呼ばれてます。

カラットは重さ・クラリティは内包物の状態・カラーは色・カットは形のバランスです。



【Carat】カラット

カラット(ct)は大きさの単位ではなく重さを表す単位。1カラット=0.2グラムです。



【Clarity】クラリティ

ダイヤモンドの表面の特徴(キズや欠け)・内包物(インクルージョン)の程度を表したもの。10倍に拡大して鑑定されます。光の通過を邪魔する内包物や傷が全く認められないものを最高の「FL」クラスとし、以下内包物の数により11段階に分けられています。



【Color】カラー

ダイヤモンドの色味の等級を表します。

無色透明に近いほどダイヤモンドの希少価値は高くなります。無色透明の「D」を最高とし黄色みを帯びるにしたがって「Z」まで23段階に分けられています。



【Cut】カット

ダイヤモンドのカットのグレード

最もスタンダードな「ラウンドブリリアンカット」の場合のみ下記表のとおり最高の「エクセレント」から大きく5段階(白抜き部分)に評価されます。

◇プロポーション(全体のバランス)・シンメトリー(対称性)・ポリッシュ(磨き)という3項目全てがエクセレントという「3EX(トリプルエクセレント)」

◇三次元的シンメントリー(対称性)に優れた「H&C(ハート&キューピッド)」



◆H&C=ハート&キューピッド◆

最高のカットグレードであるエクセレントカットの中でも、特にプロポーション(全体のバランス)とシンメトリー(対称性)の優れたダイヤモンドのみに現れる8個のハート模様と8本の矢をハートを射抜くキューピッドの矢になぞらえて「ハート&キューピッド」と呼びます。これはダイヤモンドが最も美しく輝くとされている理想的なカットに極めて近いカットが施されたときのみ現れるものであり、一際輝くダイヤモンドです。